toggle
2017-11-29

初期の曲から始まった最後の夜。空が泣いていた日 〜 plenty解散ライブ①

私はplentyというバンドが好きです。
そんなplentyが2017年9月に解散しました。

解散を発表した4月から解散までの約半年間、私の頭の中はplentyのことでいっぱいで、plentyに捧げた半年間といっても過言ではないくらいplenty一色でした。
それはそれは、旦那さんも引くくらいで、何度「もうplenty飽きた〜」「またplenty?」と言われたことか…(笑)

そんな私の生きる希望だったplentyのラストライブを、私の思い出と共に振り返りたいと思います。

解散してしまったけど、彼らの音楽は残り続けるので、聴いたことない方は是非聴いてほしいです。

2017年9月16日
plentyラストライブ「拝啓。皆さま」@日比谷野外音楽堂

雨の中、友人に付き添ってもらってリハーサルの音漏れを聴きに少し早く会場へ。
友人に「何かplentyのファンって孤独を抱えていそうな女の人多くない?」と言われた。(笑)
そうですね。そう思います。私も含め認めます!
きっとみんなplentyの音楽を拠り所にして生きてきたんだと思う。

そう、plentyの音楽は孤独にそっと寄り添ってくれる音楽なのです。

サウンドチェック・音漏れ

最初に奏でられたのは「理由」。

はち切れたように、ブワーーーっと涙が出てきて、ワンワン泣いていたら友達に爆笑される始末。

その後も、「よい朝を、いとしいひと」「よろこびの吟」や「プレイヤー」「幼き光」が聴こえてくる。
後から知ったのだけれど、「プレイヤー」と「理由」は本編のセットリストに入っていないけど、最後に聴きたいというスタッフからのリクエストだったらしい。
私もこの2曲は聴きたかったから、嬉しかった。
「プレイヤー」は私にとって特別な曲だし、「幼き光」はラストツアーの演奏がめちゃくちゃかっこ良くて、何度も聴き直していた曲。
リクエストしてくれたスタッフの方に感謝。

もうすでに私の涙腺は崩壊していて、この場にいれる幸福感と解散していまうという絶望感を行ったり来たり。

プレイヤー/plenty
2nd ALBUM「this」収録
江沼くんの新しい才能が爆発した曲だと思っている。

 

Sponsered Link

本編:plentyラストライブ「拝啓。皆さま」①

SE:Hide and Seek

18時ぴったり。やはりこの曲で幕明け。plentyのライブはいつもこのSEから始まります。
「ついにはじまる」と体が熱くなって、すでに号泣。
私の席は最後方のど真ん中。遠いけど、ちょうど3人の姿が見える位置。
いつものようにゆっくりそれぞれのペースで位置に付く。
ついに「plentyの終わり」が始まってしまった。

01.拝啓。皆さま

ラストツアー同様、この曲からのスタート。
この曲は、ラストツアー後めちゃくちゃ聴いた曲。
youtubeに公開されたラストツアーのこの曲、とにかくアレがめちゃくちゃかっこよかった。
この作品でデビューした時はジャケットと同じように彼らは「膝を抱えた少年」で、そんな彼らが奏でる音と言葉は大きな話題を呼んでいた。
(これが現代の若者の叫びか?!なんてキャッチコピーを付けられることも多かったし…笑)
でも今の彼らは「膝を抱えた少年」ではなくて、なんかうまく言えないけれど、膝を抱えた少年(あの頃の自分)に「それでいいんだよ」って肯定しているかのように見えるわけで…
なんかもう、ここまでくると私の妄想なんだけど、とにかくそんな風に見えてしまう。
そして、一太くんのドラムの力も大きい。
曲の重みが増した。
とくに間奏部分のあそこ、凄く好きだ。

拝啓。皆さま/plenty
1st mini ALBUM「拝啓。皆さま」収録
このラストツアー初日の東京公演の映像がめちゃくちゃカッコいい。

 

02.ボクのために歌う吟

余韻に浸る間もなく、この曲。
ちょっと「拝啓。皆さま」の後にこの曲って泣かせにきてるでしょ?って思った。
1st mini ALBUMから2曲続けて。
この曲のMVで感じる儚さと繊細さを思い出して「大人になったなあ」と思ったりした。
あの頃のplentyは暗い照明が似合うバンドだったけど、今は顔の表情がちゃんと分かるようなキラキラの照明が似合うバンドになったな〜なんて思った。

ボクのために歌う吟/plenty
1st mini ALBUM「拝啓。皆さま」収録
この時まだ20歳そこそこか…才能しか感じない。

03.空が笑ってる

「plentyの曲をちゃんと聴きたい」と思うきっかけとなった曲。
シンプルな音に乗っかる江沼くんの声はいつも優しくて、ふと思い出した時に聴く曲だった。

色とりどりの真実の渦の中 ボクはうずくまる
未来が支度している 支配している 頭痛いな

この歌詞を見たとき雷落ちた。
この人ただ者じゃないぞって思った。
そんな彼はこの日も優しく歌ってくれました。

空が笑ってる/plenty
2nd EP「待ち合わせの途中/終わりない何処かへ/空が笑ってる」/1st ALBUM 「plenty」収録
アニメーションと歌詞がリンクしていて素晴らしいMVです。

 

04.人との距離のはかりかた

この曲が始まった途端「あ〜終わってしまう」とちょっと忘れかけていた「最後」を意識してしまった。
この曲の音源って結構気だるい感じで歌い始まるんだけど、今のライブの江沼くんは「き〜いて」の歌いだしが凄く前向きで妙に明るい感じがして、ここでも「あ〜大人になったな」って思わずにはいられなくなる。

ラストライブの1ヶ月後に放送されたこの日のライブ映像を観るまで気づかなかったんだけど、この曲歌ってるとき江沼くんがちょっと泣いたように見えるんだよね。グスって。
やっぱり江沼くんにとっても凄く大事な曲だったんだろうなって、こっちも泣けてくる。

この曲でplentyは変化したし、plentyにとってもファンにとっても特別な曲だったと思う。
私も一音一音大事に聴きました。

人との距離のはかりかた/plenty
1st EP「人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり」/1st ALBUM 「plenty」収録
「人との距離」の表現方法としてハリネズミを使うセンスがまた良い。

 

まだ4曲目なのに、こんなに長くなってしまった!!
続きは後日書こうと思います。

書いてると色んなこと思い出して、駄目だ。泣く。

Sponsered Link

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です